ハーフムーンプラカット 鯉ギャラクシー [35]

ハーフムーンプラカット 鯉ギャラクシー [35]
輸入金魚・ショーベタ専門店 よこはま金魚 ハーフムーンプラカット 鯉ギャラクシー


※画像の個体をお送りします。



飼育上の注意


■定期的なフレアリング
ショーベタはオス同士が威嚇する時鰭を大きく開きます。 単独で飼育しているとその機会が少なく、鰭が堅くなり、本来の美しい鰭を広げることができなくなります。 そのため、1日に1〜2回は鏡を使ってフレアリングをさせてあげましょう。
■必ず単独飼育をしてください。
すべてのショーベタは♂同士が激しく争います。 現地では”闘魚”とも呼ばれ、オス同士をたたかわせて勝敗を競う古来の伝統があります。戦いはどちらかが死ぬまで続きます。生き残った方も致命的なダメージを負うので、絶対に混泳は避けてください



■色変わりについて
ショーベタ、改良ベタは色変わりの大きい熱帯魚です。
画像撮影時と若干変化している場合がございます。変化があまりにも大きい場合は、ご注文時受付時に画像確認をお願いする場合もございます。
ハーフムーンプラカット 鯉ギャラクシー [35]

Facebookコメント